更年期障害は女性だけではなく、メンズも達する症状

今日仕事場のパーソンって話していて気になっていたのですが、更年期障害は女性だけではなく、男性にもあると聞いてネットで調べてみたら、必ずや男性にも更年期があることがわかりました。

女房の更年期は閉経後の50年代あたりを指しますが、旦那の更年期の場合は、早い人ではアラフォーになります。一般的には女房と同じ50年代頃に病状があります。

女房の場合は、閉経という大きな変化と更年期における具合が医学的に結べつけ易く認知されましたが、旦那の場合は、個人差もでかい結果旦那の更年期は位置付けも認知されていませんでした。

旦那の更年期になる原因としてあげられているのは、旦那ホルモンの分泌が低下して旦那としての動作が低下してしまうことにあります。

旦那ホルモンが低下する原因としては、年齢やプレッシャーがあげられます。旦那も更年期が発症し易い適性は、繊細だったり、まじめ、愚直、義憤があるパーソンに多いそうです。

旦那の更年期の具合として言えるのは、疲れやすいことや抑うつ、性衝動の縮小といったバイタリティーの衰微、それに肩こりや不眠症などです。

この旦那特有の更年期が、気になる具合があらわれたら1度病院で診てもらうといったよいでしょう。小柄の人は気をつけて。妊娠するとできる肉割れは体が小さい人ほど出来やすい。